世界の多くの国にビザなしで行ける

海外に行くときに必要なのがパスポートとビザです。パスポートは旅券とも言われ、身分証明の代わりになったりします。ビザはそれぞれの国に入国するときの理由証明として必要です。旅行の人もいれば留学や仕事のための人もいます。どちらも用意していないと海外に行けないので、パスポートは定期的に更新をし、ビザはその都度取らないと海外に行けません。ただ日本から海外旅行をするときはビザがいらないケースが多いようです。海外に行く人の目的として旅行がありますが、旅行目的だとビザが省略できる提携などを結んでいるためです。ビザが不要ならパスポートさえ持っていれば海外に行けて滞在ができます。もちろんビザが必要な国もあるので、事前に調べておきましょう。

 

渡航前のビザの取得が面倒な時

海外旅行の予定を立てていくとき、パスポートの他にビザが必要かどうかを確認しましょう。必要なら大使館に行って申請をしておきます。ビザが不要の国が多くなっているものの、まだまだ必要な国は多いです。出発前にあまり時間がなくてビザを取りに行く時間がない時があるでしょうが、このときはアライバルビザが利用できるかどうかをチェックしましょう。このビザは出発前に取るビザではなく、現地に着いてから現地で発行してもらえるビザになります。書類の記入と手数料がかかるので、必要なものを用意して申請しましょう。アライバルビザに対応している国はそれほど多くありませんが、そもそもビザを必要としない国が多いので、あまり使う機会がないかもしれません。